赤ちゃんの乾燥しやすい肌に注意を【ガガっと乾燥ガード】

便利に使える機器

赤ちゃんのミルクにウォーターサーバーの水を使う

まだ小さくて体もしっかりしていない赤ちゃんのお世話には毎日とても気を使います。 どんなに気持ちの良いお天気でも、大人の二分の一の薄さしかない赤ちゃんの皮膚に紫外線は危険だったりします。 赤ちゃんと大人を同じように扱うことはできません。 たとえば大人が積極的に摂取しようとしているミネラルも、赤ちゃんの未熟な胃腸にとっては成分が強すぎ負担をかけてしまいかねません。 ウォーターサーバーにはミネラルが豊富であることをアピールした製品が数多くありますが、ミルク用にウォーターサーバーの導入を考えられているなら、このような製品は避けた方が良いでしょう。 この場合はミネラルの少ない「国産」の「軟水」をお選びください。おなかにやさしいミルクを作ることができます。

育児中のママやパパの負担を減らせます

ウォーターサーバーを導入する一番のメリットはお買い物に行った時にきっとお分かりになります。 毎日のお買いものに赤ちゃんを連れて行くだけで大変なのに、いつもの食材や日用品の他にオムツやミルクなどかさばる商品を購入しなくてはなりません。 ここにペットボトルの水が加わるのですから、相当な負担になります。 しかしウォーターサーバーが家にあれば、そんな心配はいりません。 またミルクは作り置きのできないデリケートなものですから、深夜に突然ミルクが必要になった時でも、お湯と冷水がスイッチ一つで使い分けられるウォーターサーバーが大活躍します。 ちょうど良い温度に簡単に調節できますし、赤ちゃんを待たせることがありません。 一緒に寝ている家族を起こしてしまう心配も減らせます。 ウォーターサーバーを上手に使って楽しい育児をしてください。