赤ちゃんの乾燥しやすい肌に注意を【ガガっと乾燥ガード】

免疫力を上げる

体質に応じた対策をたてる

赤ちゃんは、免疫力が低くいろいろな病気にかかる可能性があります。肌も空気に触れているのでダメージを受けることになり、特に乾燥をしてしまうと皮膚炎などになってしまう可能性があります。 そこで大切なのが赤ちゃんの乾燥対策です。風呂上がりや寝る前などに保湿クリームを利用することで肌の乾燥を防ぐことができるようになります。 ただし、上手に利用するにはいくつかのクリームを試すことが大切です。敏感な肌やアレルギーがあるかどうかがわかりにくい赤ちゃんのときには、塗ってみて問題がないかを試す必要があります。赤ちゃん用のものでも問題が起こるケースがあるので体質にきちんと合っているかどうかを試して利用するのがよい方法です。

安価なものから高額なものまで

赤ちゃんの乾燥を防ぐために利用する保湿クリームの価格はものによって大きく変わります。特にその中でも赤ちゃん専用になっているものは、添加物や香料を利用していないものが多いので一般的なクリームよりも1割から2割程度高くなっているものが多いです。また価格だけでなく、利用することができる期間も短いものが多いので注意が必要です。 敏感肌であるために特定の物質が含まれていないようなクリームを利用する場合にも一般的に販売されているものより高額になってきます。 一般の人が利用しているもので、赤ちゃんに利用しても問題がなければ使うことができます。ただし、継続的に利用して行くと問題が起きるケースもあるので注意事項をよく読むことが大切です。